GoogleMapでライセンス取得が必要な場合

Googleが運営するサービスの一種であるGoogleMapは、色々な場面で利用することが可能な役に立つサービスのことです。目的地までのルートを簡単に地図で表示することも可能ですし、実際の風景をストリートビューで映像で見ることも出来ます。

このようなサービスを営業の一環として使用することが可能ですが、簡単に店舗までのルートなども知ることが出来るようになります。


商売のためにGoogleMapを利用するときには、1日あたりのアクセス回数が一定の回数を超えるときにはライセンスを取得することが必要です。

GoogleMapのライセンスの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

アクセス回数が1日だけ大幅に増えたときにはライセンスを取得する必要はないですがアクセス回数が多い日が、ある程度の期間以上継続したときに、ライセンスを取得する必要が出てきます。



そのためにアクセス回数があまり多くないウェブサイトにGoogleMapを掲載するときにはライセンスを取得する必要はありませんが、たくさんの方が毎日使っているような非常に人気がある通販サイトなどに掲載したときには、料金を支払う必要が生じることもあるのです。



ウェブサイトを運営する方にとってGoogleMapが欠かせない存在であるのならば、このようなライセンス料金を支払うことはメリットが大きいと言えます。
中でも集客するために商業施設をアピールするウェブサイトなどの場合は、ウェブサイトを閲覧した方が店舗までのルートを簡単に把握することが可能だからです。