GoogleMapのライセンス制度の変更とは何か

GoogleMapAPIは2018年7月からGoogleMapplatformになりました。

今よりもGoogleMapのライセンスに関する有益な情報をご紹介いたします。

これによりライセンス管理形態も大きく変わっており、注意をしないとこれまで利用できていたAPIが使用できなくなってしまうので注意をしなければなりません。
最も重要な変更点は従来はAPIの使用にあたって一部の課金がされるAPI以外はライセンス登録を行わなくても使用できるようになっていたものが、今後は無償のものであってもライセンス登録を行わなければならなくなったことです。

加えて課金の情報の登録も行わないと使用ができないことになっており、これまで登録なしに利用できていたものでも利用できなくなってしまう場合があるため注意をしなければなりません。



GoogleMapAPIは様々な位置情報のアプリケーションの連携に非常に効果的に利用されているものです。

ホームページなどに店舗や企業の地図を表示する場合、従来は自ら作成した地図などを掲載することが多かったのですが、GoogleMapのAPIを使用すると様々なアプリケーションとの連携が行えるため、ナビゲーションアプリ等と連携することでその位置を正確に顧客に伝えることができます。
そのためその機能を利用している人も多いのですが、今後はこれらの機能もライセンス登録を行わないと利用できなくなってしまう可能性があるため、早急に対策をすることが必要となっているのです。



GoogleMapのライセンス形態は今後も変更される可能性もあるため、その動向にも充分注意を払って効果的に利用することが大切です。