SEO対策をするなら中古ドメイン、が当たり前になってきたこの世の中。貴方はネットの甘い言葉を信じて「中古ドメインを取得すればすぐに成果が出るぞ!」なんて思っていませんか?取得した中古ドメインの過去に、罠があるとも知らずに…。

2017年01月の記事一覧

SEO対策したワードプレスと中古ドメインの譲渡

ワードプレスは、コンテンツ管理を行う為のシステムソフトウェアであり、これをWebサーバに設置する事で、ブログのようにテンプレートを使ったサイト構築が行え、ジャンル毎にコンテンツを管理する事が出来ます。
中古ドメインは、かつてサイトで使われていたドメインの事であり、これは幅広く売買されています。
ワードプレスで構築し、SEO対策を施して検索エンジンの結果ページの上位に表示されるようなサイトをドメインごと譲渡する事が出来ます。
この仕組みを活用すれば、売却益を得る事もでき、作成したWebサイトを有効活用する事が可能です。
ワードプレスは、高度な機能を搭載しやすく、多種多様なサイトを作成して、ドメインを付け、SEO効果が出るまで運営していきます。
アクセス数が十分に集まった時点で、サイト売買サイトやオークションなどを活用して売る事になります。
中古ドメインとワードプレスで構築したサイトが紐付けられていますので、譲渡された企業や人は、そのまま、サイトを運営していく事が出来ます。
高値で売却するには、万単位のアクセス数が必要になってきますので、譲渡や売却目的でサイトを構築している人々は、SEO対策に関する知識が求められます。
ワードプレスは、世界中で使われているツールですので、サイトを購入した企業は、運営をする為にはWebサーバに同様のシステムが必要です。
PHPのスクリプトエンジンやApacheなどのサーバソフトなどが揃っているサーバ環境であれば、レンタルサーバでも運用する事が可能です。
中古ドメイン付きのWebサイトは、購入した人や企業がサイト運営する際の手間を減らし、売却する側にとっても付加価値を高めるテクニックとして効果的です。

続きを読む