SEO対策をするなら中古ドメイン、が当たり前になってきたこの世の中。貴方はネットの甘い言葉を信じて「中古ドメインを取得すればすぐに成果が出るぞ!」なんて思っていませんか?取得した中古ドメインの過去に、罠があるとも知らずに…。

中古ドメインを利用したメルマガページと外部リンク

中古ドメインの活用はブログやウェブサイトだけではありません。メルマガの紹介ページなどのランディングページでも十分な効果がみこめます。中古ドメインの効果は大きく分けて2つあり、1つは外部リンクであるバックリンク、2つめは検索サイトでの評価です。どちらも時間がかかるものであり、すでに多数の数がある中古ドメインは是非とも利用しておきたいです。利用対象としてはウェブサイトが多いのですが、サテライトサイトやランディングページでの活用も増えてきています。特にランディングページについてはまだまだ実例が少ないですが、思った以上の効果が見られると好評です。ランディングページでの活用は検索サイトでのインデックスの数が重要となります。インデックスは検索サイトでの評価であり、多ければ高い評価を受けていることになります。また、ゼロという場合もありますが、ドメイン履歴をチェックして利用実績があるならペナルティを課せられているとも考えられるので数はとても重要です。また、中古ドメインはバックリンクも期待されています。バックリンクについては検索サイトでの評価に良い影響があると考えられてきましたが、その効果よりも重要となっているのがPVです。新規ウェブサイトの場合はPVがなかなか集まりません。しかし、中古ドメインのように数多くのバックリンクがあればPVも集めやすくなります。また、SNSでのリンクならパスを繋げることでさらなるリンクの増加が見込めますし、拡散されれば検索サイトからの評価も上がってきます。この評価はランディングページでは特に重要となります。メルマガの読者を集めるにしてもPVが十分なければ対応できないので中古ドメインの活用は必須ともいえます。