SEO対策をするなら中古ドメイン、が当たり前になってきたこの世の中。貴方はネットの甘い言葉を信じて「中古ドメインを取得すればすぐに成果が出るぞ!」なんて思っていませんか?取得した中古ドメインの過去に、罠があるとも知らずに…。

中古ドメイン取得の注意とGoogleのペナルティ

中古ドメインのイメージ画像
インターネットはサーバー同士がネットワークで接続され、それぞれの所在をIPアドレスで管理しています。そしてそのIPアドレスとドメインという名前を関連づけて分かりやすくしています。
ドメインはDNSというドメインネームサーバーで解決するようにできていますが、ドメインには決まりがあり、管理されているのです。ドットから下のローマ字で国や商用、ネットワークなど用途などを表すようにできています。
インターネット上にホームページを立ち上げたい場合、ドメインを取得するか、どこかのサブドメインを利用することになります。ドメインは法人や個人でも取得する事ができるものがあり 、それほど費用もかからないので新規にドメインを登録してホームページを立ち上げる事が多いのです。
ドメインは新規に取得すると一年で更新しなければなりません。更新を忘れてしまうと中古ドメインとして扱われることになります。
中古ドメインは毎日数多く発生しているのですが、実は再利用されているものがあるのです。中古ドメインというのは当時運用していたページランクやカテゴリ登録、ドメインエイジなど引き継ぐことになるのです。
もしこれまで検索エンジンなどで上位にあったドメインが中古ドメインとなった場合、それを購入することで、SEO対策として利用することもできるのです。
ただ何万とある中古ドメインから質のいいドメインを見つけなければ、被リンクの数が急に少なくなってしまったり、検索エンジンからペナルティを受けてしまうことがあります。
関連のあるサイト運営されていたか、ドメインエイジや被リンクの状況などツールなどを使って確認をして、質のいい中古ドメインを取得する事が必要になります。